看護師派遣

患者さんは精神的な辛さを紛らわすために看護師に当たるしかないんだから我慢しなさいと言う師長の言葉に納得出来ません!だって看護師に当たらない患者さんだって沢山いますけど!

看護師の仕事って、世のため人のため、奉仕の精神があってこそこなせる仕事ですよね(*^o^*)

 

普通の人であれば嫌がるような業務内容も多いですし、肉体労働であり、精神的な負担も大きな仕事です。

 

排泄物や汚物、吐物といった嫌煙されがちな処理もありますし、処置では目を背けたくなるようや創部を見ることもあります。

 

そういった仕事が頑張れるのも、患者さんが早く元気になって欲しいと願うからですよね。

 

患者さんから励まされたり、感謝の言葉をかけてもらえると、どんなにキツイ仕事でもやっていて良かった?って思えますし、その言葉でまた頑張れる自分がいますo(^_^)o

 

しかし、現実は患者さんが全てそんなありがたい存在ではありません。

 

中には、暴言を吐いたり、暴力を振るう患者さんもいます。

 

看護師に落ち度があるというわけでなくても、患者さんの虫の居所が悪かっただけとか、ただの八つ当たりであったりとか…そんな理由で看護師に当たってくるのです(・_・;

 

そんな暴言な暴力行為があまりにも酷い患者さんがいて、みんなで師長に訴えた事がありました。

 

師長の返事は
「患者さんは、病気による精神的な辛さを看護師に当たるしかないんだから我慢しなさい。」
と言われました。

 

もちろん、スタッフのみんなはその答えに納得出来ませんでした(?_?#)

 

暴言や暴力行為のある患者さんが、病棟で一番辛い立場にいるかといえばそうではありません。

 

もっと辛い立場にいる患者さんが、みんな看護師にキツく当たってくるかといえば、そんなことはありません。

 

辛くても苦しくても、がんばって乗り越えようとして、一人でぐっとこらえている患者さんは沢山います。

 

我慢している患者さんもいるのに、かたや好き放題看護師に当たり散らす事が許され、我儘放題に出来る患者さんが守られるというのは、なんだかおかしいと思うんです( ;´Д`)

 

患者さんだから、何を言っても許される、何をしても許されるのでしょうか?

 

看護師は、いかなる場合もただ泣き寝入りするしかないのでしょうか?

 

そんなことだから、モンスターペイシェントと呼ばれるような患者さんが生まれるのではないでしょうかね…(?_?;)