看護師派遣

看護師の離職率の高さを見ると、一度退職した後に一般病院への復帰って難しいんだな〜・・・と実感しますね(;?_?)

看護師の離職率というのは、他の職種に比べると、ダントツに高いんですよ。
夜勤の多い病院が特に高くて、都会のほうがその率も上がっているんです。
でも、この離職率の高さを見ると、看護師の仕事って、どんなにハードで大変なのかという事が良くわかりますよね。

 

女性は、出産したりすると、よほど家庭の環境が良くて、家族に理解してもらって、家事や育児をすべて任せる事ができるような環境でないと、
バリバリ働き続ける事はまず出来ません。
昔に比べると、最近は核家族化が進んでいるので、特に難しいと思いますよ。
地方であれば、それでも家族と同居しているというパターンが多いかもしれないんですけど、都会は違いますよね。
だから、都会のほうが離職率が高いんだと思います。

 

最近では、子育ての環境が整った病院がかなり増えてきていますよね。
看護師不足を解消する為に、1人でも多くの看護師を確保したいので、院内保育園が設置されていたり、育児時間や育児休暇など、
福利厚生が充実した職場が増えているのは事実です。
それでも、出産を期に退職する方は多いんですよね。

 

ブランク看護師は、仕事に復帰するのが難しいので、復職支援セミナーを行ったり、プリセプター制度を取り入れている病院もあります。
それに、大きな病院の場合は、スタッフの数に余裕を持って、産休などで欠員する場合に備えているようですよね。
でも、大きな病院だからこそ出来る事であって、小規模の病院やクリニックの場合には、なかなかそこまでの環境を作る事ができません。

 

ブランク看護師が安心して仕事に復帰する事ができれば、看護師不足の解消に繋がると思うんですけど、こればかりはなかなか難しい事で、
時間がかかりそうですよね。